WORD2003 3-14

【問題14】次の文章は、スタイルについて述べたものである。下線部の記述の正誤を判断し、解答群{ }の記号で答えよ。ただし、下線部以外の記述に誤りはないものとする。 設問1.新規にスタイルを作成するには、[書式]メニューの[スタイルと書式…]コマンドから、[スタイルと書式]作業ウィンドウを開き、[新しいスタイル]ボタンをクリックする…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

WORD2003 3-13

【問題13】次の文章は、箇条書きと段落番号について述べたものである。下線部の記述の正誤を判断し、解答群{ }の記号で答えよ。ただし、下線部以外の記述に誤りはないものとする。 設問1.箇条書きの「行頭文字」は、「●」や「□」といった記号に限られ、「A」などの英字を選択することは」できない。 設問2.段落番号の種類には「1,2,…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

WORD2003 3-12

【問題12】次の文章は、段組みについて述べたものである。下線部の記述の正誤を判断し、解答群{ }の記号で答えよ。ただし、下線部以外の記述に誤りはないものとする。 設問1.段組みの幅を変更するには、いくつかの方法があるがその中の1つとして、印刷レイアウトモードのとき、水平ルーラーの列マーカーをドラッグして、段の幅を調節する方法がある…
トラックバック:0
コメント:3

続きを読むread more

WORD2003 3-11

【問題11】次の文章は、[拡張書式設定]ツールバー上の ボタンを使用して段の幅が等しい段組を作成するための手順である。下線部の記述の正誤を判断し、解答群{ }の記号で答えよ。ただし、下線部以外の記述に誤りはないものとする。 設問1.文書全体が1つのセクションである場合、文書中にカーソルを置いた状態で、[拡張書式設定]ツールバー上の…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

WORD2003 3-10

【問題10】次の文章は、ドロップキャップについて述べたものである。下線部の記述の正誤を判断し、解答群{ }の記号で答えよ。ただし、下線部以外の記述に誤りはないものとする。 設問1.ドロップキャップとは、特定の位置に文字を揃える機能である。 設問2.ドロップキャップを余白に表示することができる。 設問3.ドロップキャップ…
トラックバック:0
コメント:8

続きを読むread more