WORD2003 2級模擬問題 1-10

【問題10】次の文章は、図形描画について述べたものである。□にあてはまる適切なものを解答群{ }より選び、その記号で答えよ。 設問1.オートシェイプで開いた□の図形の中に文字列を挿入することができる。  {ア.<図1>  イ.<図2>} <図1> <図2> 設問2.グーループ化されているテ…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

WORD2003 2級模擬問題 1-9

模擬問題1 【問題9】次の文章は、罫線と表について述べたものである。下線部の記述の正誤を判断し、解答群{ }の記号で答えよ。ただし、下線部以外の記述に誤りはないものとする。 設問1.<図1>の表において、表全体を選択し、[罫線]ツールバー上の[線の太さ]ボックスの中から3ptを選択し、続いて (外枠)ボタンをクリックすると<図2…
トラックバック:0
コメント:11

続きを読むread more

WORD2003 2級 模擬問題 1-8

【問題8】次の文章は、文書編集について述べたものである。□にあてはまる適切なものを解答群{ }より選び、その記号で答えよ。 <図1> <図2> 設問1.<図1>のような段組みを<図2>のように変更するためには、カーソルを□の位置におき、[挿入]メニューの[改ページ…]コマンドをクリックする。  {ア.「~行…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

WORD2003 模擬問題 1-7

模擬問題1 【問題7】次の文章は、文書編集について述べたものである。下線部の記述の正誤を判断し、解答群{ }の記号で答えよ。ただし、下線部以外の記述に誤りはないものとする。 設問1.[標準]ツールバー上の ボタンや ボタンを使用して、異なる文書間でコピー、貼り付けを行うことができる。 設問2.段落を選択して[標準]ツールバ…
トラックバック:0
コメント:12

続きを読むread more

WORD2003 模擬問題  1-6

【問題6】次の文章は、ページ設定について述べたものである。□にあてはまる適切なものを解答群{ }より選び、その記号で答えよ。 設問1.複数の既存ファイルを編集し、すべて上書き保存したい場合、[すべて保存]コマンドを実行して行う方法があるが、このコマンドを表示させるには、□キーを押しながら[ファイル]メニューをクリックする。  …
トラックバック:0
コメント:9

続きを読むread more

WORD2003 模擬問題 1-5

模擬問題1 【問題5】次の文章は、スタイルの設定について述べたものである。下線部の記述の正誤を判断し、解答群{ }の記号で答えよ。ただし、下線部以外の記述に誤りはないものとする。 設問1.スタイルが設定されている段落の一部の文字列を選択し、ドラッグアンドドロップで別の段落内に移動すると移動先の段落のスタイルが移動もとの段落のスタ…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

WORD2003 2級 模擬問題1-4

【問題4】次の文章は、段落と書式について述べたものである。□にあてはまる適切なものを解答群{ }より選び、その記号で答えよ。 <図1> 設問1.<図1>において、①段落の配置は□である {ア.中央揃え  イ.両端揃え  ウ.均等割り付け} 設問2.<図1>において、②段落の配置は□である…
トラックバック:0
コメント:15

続きを読むread more

WORD2003 2級 模擬問題 1-3

模擬問題1 【問題3】次の文章は、文字書式について述べたものである。下線部の記述の正誤を判断し、解答群{ }の記号で答えよ。ただし、下線部以外の記述に誤りはないものとする。 設問1.文字列を選択して、[書式設定]ツールバー上の ボタンの右側の下向き矢印をクリックして200%を選択すると、文字の高さが200%になる。 設問2…
トラックバック:0
コメント:9

続きを読むread more

WORD2003 模擬問題1-2

【問題2】次の文章は、環境の設定と変更について述べたものである。□にあてはまる適切なものを解答群{ }より選び、その記号で答えよ。 設問1.ステータスバーの□の設定は、[ツール]メニューの[オプション…]コマンドから行う {ア.表示位置  イ.表示/非表示} 設問2.[オプション]ダイアログボックスにおいて、垂直ルーラー…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

WORD2003 模擬問題1-1

模擬問題1 【問題1】次の文章は、作業環境について述べたものである。下線部の記述の正誤を判断し、解答群{ }の記号で答えよ。ただし、下線部以外の記述に誤りはないものとする。 設問1.画面左下の<図1>ボタンを使用して、表示モードを切り替えることができる。 <図1> 設問2.[標準]ツールバー上の ボタンは、作成し…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

WORD2003 7-8

7 オブジェクト 【問題8】次の文章は、埋め込みオブジェクトについて述べたものである。下線部の記述の正誤を判断し、解答群{ }の記号で答えよ。ただし、下線部以外の記述に誤りはないものとする。 設問1.埋め込みオブジェクトは、Word文書の一部として保存される。 設問2.埋め込みオブジェクトは、Word文書内で編集できるため…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

WORD2003 7-7

7 オブジェクト 【問題7】次の文章は、[図形描画]ツールバー上のボタンを使って描いた図形について述べたものである。下線部の記述の正誤を判断し、解答群{ }の記号で答えよ。ただし、下線部以外の記述に誤りはないものとする。 設問1.図形を、文字列の背面に配置することができる 設問2.複数の図形をグループ化すると、1つの図形と…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

WORD2003 7-6

7 オブジェクト 【問題6】次の文章は、[図形描画]ツールバー上のボタンを使って描いた図形について述べたものである。下線部の記述の正誤を判断し、解答群{ }の記号で答えよ。ただし、下線部以外の記述に誤りはないものとする。 設問1.[オートシェイプ]のボタンを使って描いた図形は、自由な角度で回転することができる。 設問2.「…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

WORD2003 7-5

7 オブジェクト 【問題4】次の文章は、ワードアートについて述べたものである。下線部の記述の正誤を判断し、解答群{ }の記号で答えよ。ただし、下線部以外の記述に誤りはないものとする。 <図1> 設問1.<図1>は、作成したワード…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

WORD2003 7-4

7 オブジェクト 【問題4】次の文章は、オブジェクトについて述べたものである。下線部の記述の正誤を判断し、解答群{ }の記号で答えよ。ただし、下線部以外の記述に誤りはないものとする。 設問1.[オプション]ダイアログボックスにおいて、描画オブジェクトの表示/非表示を設定することができる。 設問2.多くの図を含む文書のスクロ…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

WORD2003 7-3

7 オブジェクト 【問題3】次の文章は、オートシェイプの書式設定について述べたものである。下線部の記述の正誤を判断し、解答群{ }の記号で答えよ。ただし、下線部以外の記述に誤りはないものとする。 設問1.[オートシェイプの書式設定]ダイアログボックスにおいて、図形の[塗りつぶしの色]の[透過性]に設定することができる。 設…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

WORD2003 7-2

7 オブジェクト 【問題2】次の文章は、図形と調整について述べたものである。下線部の記述の正誤を判断し、解答群{ }の記号で答えよ。ただし、下線部以外の記述に誤りはないものとする。 設問2.[図形描画]ツールバー上のボタンを使って描いた複数の図形を、グル-プ化して、1つの図形のように移動することができる。 設問3.[図形描…
トラックバック:0
コメント:5

続きを読むread more

WORD2003 6-9

6 罫線と表 【問題9】次の文章は、罫線と表ついて述べたものである。下線部の記述の正誤を判断し、解答群{ }の記号で答えよ。ただし、下線部以外の記述に誤りはないものとする。 設問1.段落を対象として罫線を設定する場合、影つきの設定をすることはできない。 設問2.段落を対象として設定された罫線の幅は、選択した段落の左イン…
トラックバック:0
コメント:7

続きを読むread more

WORD2003 6-8

6 罫線と表 【問題8】次の文章は、罫線と表ついて述べたものである。下線部の記述の正誤を判断し、解答群{ }の記号で答えよ。ただし、下線部以外の記述に誤りはないものとする。 設問1.表の列や行の高さを数値で正確に指定するには、[表のプロパティ]ダイアログボックスにおいて設定することができる。 設問2.[表のプロパティ]…
トラックバック:1
コメント:1

続きを読むread more

WORD2003 6-7

6 罫線と表 【問題7】次の文章は、罫線と表ついて述べたものである。下線部の記述の正誤を判断し、解答群{ }の記号で答えよ。ただし、下線部以外の記述に誤りはないものとする。 設問1.文字列を表にする場合、[文字列の区切り]として、「‐」(ハイフン)を設定することができる。 設問2.1つの表の中で、選択した一部の行のみ表…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more