久々に小説読みました。

画像

それが、「地下鉄(メトロ)に乗って」です。

最近映画になって話題になってますよねー。

でも、宮古島では上映されてないです。。。

*この画像、でかいなー。 まーいっか。

小説なんてどれぐらいぶりだろう???

前、読んだのは ......「ダビィンチ・コード」だ。ってことは2年ぶりぐらいだー。

面白いですよー、これ。どんどんページが進んでいきます。

ただ1部分だけ納得のいかないところがありますが、

それを差し引いても、充分引き込まれていきます。

小説ってあたりはずれがあるし、人によって好みも違うので

なんでもいいから買ってしまえーってわけにいかないじゃないですか?

また、小説読んでみようかな?とゆー気分になりました。

この人が書いたのもう2,3冊読んでみようとおもいます。

この映画のDVDもはやく観たいなー。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

2006年11月17日 22:50
TBさせてもらいました!
一部の納得いかないところってどこだったんですか??
気になります・・・
私もダビンチコードは上下巻3日で一気に読みました。
そんな夢中になる本でしたよね、コレも。
す~太郎
2006年11月17日 22:53
浅田次郎さんの小説は本当に引き込まれますよ。心の隙間をつっつかれるというか、大げさなことは表現していないんだけれど、いつの間にか涙がでて、それが止まらない感じ。
テレビなどで映像化されていますが、その都度怒れてくる。この人の小説を映像にする人は、よほど天才か、よほど身の程知らずかといったところでしょうか?
そんな訳で僕は映画を見ません。
7be
2006年11月17日 23:31
こんばんは、きくぞぅさん。
ありがとうございます。^ ^
それだけこの小説に引き込まれたってことなんですが、
最後の方でみち子が自分を身ごもった母親に会いに行き、結局
死んでしまうじゃないですか。でも、現在に戻ってきたら、
みち子の存在すらなくなっていて、真次はそのことをどうやって
消化していくのだろう?とおもいました。ん~表現しにくいですね。
7be
2006年11月17日 23:44
こんばんは、す~さん。
たしかにこの人の小説を映像化するのは
無謀かもしれませんね。。。
小説から入って映画を観るとがっかりしてしまいますかね?
これをどんな風にしたんだろう?って興味津々なんですけど。
やっぱり自分は映画みてみたいです。^ ^
2006年11月18日 12:53
7beさん、どーもー(^^)/
今日は雨降ってないですかぁ?
小説かぁ、ほとんど読まないなぁ(^^;)
本は随筆、エッセイ系がほとんどで。
それも最近は、ほとんど図書館で借りてます。
宮古でも図書館通いでしたよ(^^)
『地下鉄に乗って』面白いみたいだから
映画に行こうかなぁ?映画館まで、
自転車で1時間かかるけど…(T_T)
7be
2006年11月18日 21:02
こんばんは、まやまさん。
きょうは快晴でした。
自分も久々に読みました。
たまには読書もいいもんですね。
2006年11月19日 20:52
あっ・・そっか~~本も出ているんだ。
映画もいいkど・・・本もいいかもね。
映画がさきか・・・本がさきか・・これって迷います。
7be
2006年11月19日 21:13
こんばんは、まころんさん。
この浅田次郎の作品に関してはたぶん
本を先に読んでしまうと映画がつまらなくなって
しまうとおもいいます。でも、映画もみますよー。
す~太郎
2006年11月20日 20:57
『天国までの百マイル』
僕のお薦めです。
7be
2006年11月21日 22:04
こんばんは、す~さん。
探してみましたが宮古にはないみたいです。
取り寄せしよーかな。。。代わりに「天切り松」を買ってしまいました。

この記事へのトラックバック